幸福になることが目的であって、金持ちになることは手段のはずである。幸福になることが目的であって家庭を築くことは手段のはずである。手段と目的を履き違えないようにしたいものである。家庭が苦痛でしかないならば、結婚する意味もないであろう。彼は家庭が苦痛でしかないという。先日、離婚協議をしたとのことである。結果については、まだ聞いていない。果たして、どうなるのであろうか。

往々にして目的と手段を間違えることも多いものである。本来の目的を忘れると、こういうことになるのではないか。